木製品の製作工程

木工ろくろ製造販売
木工茶道具注文加工
吉備工房
岡山県高梁市松原町松岡571−1
電話0866−26−1026
FAX 0866−26−1389

作品例:菓子器

1,荒挽きのままで
  かまいませんが
  板厚調整や割れや
  キズを調べる為に
  は、自動カンナ
  がけをする
2,横切り盤・
  丸鋸などで
  希望の寸法に
  切断します
3,正方形に
  切断した材料の
  真ん中に線を
  入れます
4,両締めバイスで
  挟んで真ん中に
    穴を開けます
  穴の径は4cm
    で深さは1.5cm
    〜2cmが適当です
5,開けた穴の芯を
    軸にして加工材
    いっぱいに、
   鉄工用コンパスで
    円を描きます
6,荒挽き用の
    バンドソーで
    丸く切ります
   ジクソーは不適です
7,普通のバンドソー
    で丸く切るときは、
  切り離した端材を
    すばやく取り除い
    てください
8,ろくろの内爪に
    開けた穴を合わせて
    爪を開いてしっかり
    留めます
9,刃物受け台(ウマ)
    を加工材にできる
    だけ近付けて、
    外側から削って
    いきます
10,ペーパーをかける
      ときは回転を逆に
      して回転数を落し
      てください

ペーパーの種類は
bP4を見てください
11,底が大きい器の
       ときは内爪では
   径がたりません
   から外爪と取替
   えます
12,内側を削る時
      も外周から削り
      仕上げながら
      中心へと進みます
13,ペーパーは回る
      方向に逆らわない
      ようにしてくだ
      さい。加工材に
   熱をもたせない
   ようにします